スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【C#】曜日の取得

C#で月・火・水・・などと
日本語で今日の曜日を取りたい!!んですよ。


ちなみにC#は

DateTime.Now.DayOfWeek.ToString("d")
で曜日を0,1,2,3・・・という数字で返してくれ、
(ちなみに日曜日から0・・土曜日7です)

DateTime.Now.DayOfWeek.ToString("f")
で曜日を Monday・・・など英語で返してくれます。

これをうまくやったら
(たとえばif ~("d") == 1){・・とかねー)
それだけで日本語曜日とれるとおもうんですけど

私は英語とか数字で返されて、
そっから自分で月、火・・・と日本語に直すより、
もっと簡単に取得できないかなー!

とおもいまして検索したらありました。

というわけで今回は
『【C#】日本語での曜日の取得!』
です。
はい。で、参考サイト様はここ

コード的には

string (好きな名前) = ("日月火水木金土").Substring(int.Parse
         (DateTime.Now.DayOfWeek.ToString("d")),1);

です。

(^ω^*)・・・??ん??笑

なんでこれでとれるの?!むずかしい!!笑
プログラミングぺーぺーのわたしには
なかなか難解です。。

というわけで↑をすれば取れることは取れるんですが
このプログラムの意味を知りたい方は↓もよんでみてください。

------------------------------

はい、ではまず
"substring"
という部分に注目。

これはプログラミングの書式のひとつで

(文字列).substring(文字列から抜き出したい先頭の場所,先頭から抜き出す個数)

というふうにつかうそうです。
たとえば

あいうえお
という文字列の3番目の文字から2つ文字を取りたい

というときは

"あいうえお").substring(3,2)

というわけです。

で、ここまで定義を理解してから↑のコードに立ち戻って
見直してみましょう(`・ω・´)シャキーンノシ!!

("日月火水木金土").Substring(int.Parse
         (DateTime.Now.DayOfWeek.ToString("d"))
,1);

色の対応で見てみてくださいね。

まず文字列にあたるのが("日月火水木金土")です。

で、先頭位置の指定ですが
DateTime.Now.DayOfWeek.ToString("d")
で本日の曜日をとって、
数字に対応させて返してもらえることは先述しました。

ただこの数字は”文字としての”数字と扱われるので
int,Parseをつけることで”数字としての”数字
に認識しなおさせるという感じですかね。

これで、取り始めてほしい文字の位置を指定できるようになりました。


で、最後に指定位置から1つの文字、
つまり1文字分だけ取るというかんじですね。

だから日月火水木金土のうち今日の曜日にあたる曜日が
指定できるわけです。

んーすばらしい!!

というわけで今回の解析はおわります。

追記*11月28日14:11
もっと簡単に書けそうです。→ここ
まぁこんかいはsubstringの勉強になったから・・www

----------------------------------

なんだかわかるかたには
『てめぇそれぐらい0.2秒で解れよwww』
といわれてしまいそうな内容ですいませんww

ただわたしのような新米プログラマーは
わかんないコードは徹底的に理解できるまで
解析してみるというのも勉強になる

というかそこからはじめるしかないという面もあると思うので
今後もこういう
『てめぇそれぐらいしっとけ!ww』
的な確認メモがあるかと思いますがお付き合いください。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。