スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【C#】データの保存とか

アプリケーションで
なにかおぼえさせたことばを
次回起動時にも覚えておいてほしい、
この設定をずっと残したい・・・
なんてときありますよねー。

ってことで今回は記憶や保存についてかきます。
記憶はいろんな方法があるらしいですが
わたしはCSVファイルが一番お手軽かなーと思って
よくつかいます。

というわけで今回は
CSVファイルを使った保存を。
ちなみにCSVファイルというのは
要素(データ)を,,,できったファイルだと思ってください。
ちなみに保存拡張子は.csvです。

例:
りんご,ごりら,らっぱ

まずCSVの読み込みは

-----------------------------------
using System.IO;

string [] tmp;
string tmp2;//このtmp,tmp2はお好きな名前で。

public ~~{//イベントハンドラ

StreamReader (適当な名前) =
new StreamReader(@"(csvファイルの名前)", Encoding.Default);
//CSVファイルを読み込む

while ((tmp2 = Excuses.ReadLine()) != null)
{
tmp = tmp2.Split(',');//配列に保存内容を格納

}
Excuses.Close();
}
-----------------------------------

これでtmpという配列の中に
csvファイルの中身が,で区切られて
それぞれはいります。

で保存するには

------------------------------
StreamWriter (好きな名前) = new StreamWriter(@"保存先", false, Encoding.Default);

(好きな名前).WriteLine(書き込みたいこと);


(好きな名前).Close();
------------------------------

という処理を加えます。

ちなみに保存先や読込先の部分がありますが
これは読み込むまたは書き込むCSVファイルが
projectの中のbinのDebugフォルダに入っている場合のみ
この書式でOKです。

もしC\直下のCSというファイルの中にあるなら
@"\C\CS\ファイルの名前"
という風にしなくてはいけません。ここに注意。

とりあえず自分用メモなので
ざつっぱやですが、、こんなかんじでどうでしょう。

これだけじゃ全然活用例がないので
次回は活用例とかやってみたく。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。